2005年02月09日

エアクリーナーについて

2004年、スポのモデルチェンジにともないSEのハイフローキットも乾式フィルターとABS樹脂製のバックプレートにモデルチェンジしたみたいですね。

そして、〜2003年式用が後から発売されたみたいです。日本では未発売というのも聞いたことがあります。
さっそく、旧式と比べてみました。(画像参照)

旧式はプレートを留めるボルト(純正をそのまま使う)からオイルが噴き出し、平面の鉄製プレート這いながら下方へ垂れていきます。
そしてクランクケースにオイル溜まりができたり、ドライブベルト、オイルタンクなどに飛び散り、CR250Rさんはいつもフキフキで大変そうです!
おまけに、オイルを染みこませて使う湿式なので余計に垂れてくるそうです。

一方、新型は自由に造形ができる樹脂製のためボルト取り付け穴が凸凹しています。
重量も若干軽いです。そこに特製ブリーザーボルトを差し込み、プレートを留めた後、更にホースみたいなのでキャブの中に強制的にオイルを入れて燃やしてしまおうとしています。
なるほど、環境には優しいけど吸気効率は悪くなるかもですね〜。
でも、毎回フキフキしないで済むみたいなんでCR250Rさんの視線が痛かったです。(笑)
新旧ハイフロー比較.JPG
画像作:CR250R
posted by S.T at 16:54| 鹿児島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
率直な感想。
新型はオイル拭かなくても済むかもしれませんが、キャブは汚れるだろ?と(笑)。
Posted by ユウ at 2005年02月09日 22:03
あーそうですよね…
どんな感じになるんだろ!?
走りこんだらキャブも見てみますね!

そうそうSeeSaaの容量が100Mにアップしてましたね☆
しかも申請したら最大2Gとか!!!
もう安泰です(笑)
Posted by S.T at 2005年02月10日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。